最新人気配信アプリ特集

副業【ライバーエージェンシー】株式会社フォレスト代表青田海斗とは

音声をメインにした動画はYoutuberとして再生数を増やすことにつながる

time 2020/10/06

Youtuberとしてどんな動画を投稿すべきか?を考えるときには、1つ重要なポイントがあって、それは耳で聴くだけで満足できるものであるか?という点になります。 例えばトーク系の動画ネタの場合、映像は大して重要ではなく、音声がかなり重要な意味を持ってきますが、この音声のみが重要というネタの場合、再生数が増えやすいと言える理由が存在するのです。 それは別の何かの作業をしながら動画を再生するという人が現実に多くいるからです。 つまり、音声がメインの動画というのは、別の作業をしているときでも、作業用BGMのような形で再生されることが期待できます。 映像がメインの動画だと映像をじっくりと見ないといけないので、別の作業をやっているときに再生をする人はまずいないでしょう。 しかし、音声だけで満足できる、楽しめる動画というのは、動画を再生しておいてそこから流れてくる音声を聞くだけでOKなので、別の何かをする余地が生まれるわけです。 動画に集中する時間を確保できないと再生されない動画と動画だけに集中しなくても再生される可能性がある動画では、後者の方が再生数が伸びる可能性が期待できるでしょう。 だから、音声だけ聞いていれば楽しめる動画というのは、そういった意味で魅力的なのです。 こういった動画のジャンルというのはあまり選択肢が多くないかもしれませんけど、結構いろいろなYoutuberがやっています。 先ほど挙げた複数人がトークをする感じの動画は代表的ですけど、それ以外でも例えば都市伝説を紹介するような動画の場合、音声で説明があるならば、それを聞いているだけでも十分に楽しめるのではないでしょうか? こういった動画ネタというのはアイデアとしては良いのではないか?と思います。 再生数を増やすための策をYoutuberはみんな考えると思いますけど、やはり特定のタイミングを選ばないと再生しづらい動画を投稿してしまうと、結果的に再生されづらくなりますから、常に再生するチャンスを見出せるような動画を多く作るということを意識していきましょう。 作業BGMというのは、パソコンとかを利用している人であれば多くの人が興味あるのではないか?と思いますし、こういう案に関しては、アイデアに困っている人はぜひやってみてほしいです。 動画なので、映像をメインに考える人が多くいると思いますけど、映像ではなく音声をメインにするということもコツの1つと言えるのではないか?と思います。